都市部で働くフリーエンジニアに必要な能力

フリーエンジニアの集まる東京においては人材が豊富にあるものの、IT系を始めとして多方面の企業が多いことから仕事も豊富です。
そのため、地方でエンジニアとして働いてきた人たちが、仕事場を求めながら東京に出てくるということも珍しいことではありません。

そういった地方から出てきた人にとって、地方の企業と都市部の企業における気質の違いに苦労させられる場合があります。
地方の中小クラスの企業においては、和気あいあいとした雰囲気や地方魂を発揮して、互いに協力して成果をあげていこうという気概が見られるのが典型的です。しかし、都市部においては世界を股にかけて業界を率いる大企業が多いことから、場合によってはフリーエンジニアをビジネスのための手駒の一つとして考えていることもあります。

一方で、優秀な人材を手厚く迎え入れる気概をもつ企業も、都市部に多いベンチャー企業を中心として散見されます。
このような企業の気質の違いによって、フリーエンジニアの待遇にも違いが生じやすいものの、仕事を請け負う立場として企業と円満な関係を作り上げることは重要な観点です。

そのため、相手企業に応じて態度を変えて付き合いができる能力が不可欠であり、それによって企業側が要求している姿勢で仕事に臨める柔軟性が必要になります。協力を求める企業には対等な立場から意見を交わし、手駒と捉える企業からの依頼では忠実に仕事をこなすことが求められているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2017 さあ都会に飛び出そう!. WP Castle Theme by Just Free Themes