フリーエンジニアの要求に応える役割

フリーエンジニアの仕事は、クライアントとなる会社等からの依頼を受けてその依頼内容を遂行することであり、サービス心を持ってクライアントの要求に応える役割を果たすことになります。
誠心誠意を込めて仕事にあたり、自分の能力を最大限に発揮して大きな成果をもたらすことがフリーエンジニアとしての活躍に相当することになるものの、第一に考えなければならないのはクライアントの満足です。

契約の書面上で求めているものと本当に心から求めているものは違う場合もあり、それをうまく聞き出すこともフリーエンジニアの役割となります。
地方企業においては実をとる傾向が強いため、要求も単刀直入で秘められた要素が少ないのが一般的です。
しかし、東京のような都心にある企業においてはビジネス上の駆け引きにおける手練が多く、実際に必要としていることを前面に出さないことによって交渉を有利に進めようとしているケースも多々あります。

そういった際に相手の心中を読んで対応できるスキルは大きな恩恵をもたらします。契約を有利にする方向性に話を進めていくこともできる一方で、あえてその場では対処せずに要求されていることを形として実現することで高い信頼を得ることも可能だからです。

また、そういった高尚な駆け引きでなくとも、後少しの品質とわずかな納期の早さではどちらを優先しているのかといったことを理解しておくことは、仕事を行う上での判断材料として有益なものとなります。
このように、クライアントの納得のいく成果を出すことが、継続して案件を獲得する近道だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2016 さあ都会に飛び出そう!. WP Castle Theme by Just Free Themes